• HOME
  • お問い合わせ
  • 運営情報

母になるなら、流山市。

働く母を、ひとりにしない街

杉並区から越してきた五十嵐さんの場合
長女(5) 長男(2)
五十嵐さんは都心でのワークと母業をリモートワークを活用しながら、軽やかに流山生活を謳歌されています。
流山母のひとつの理想とも言えるママ生活の魅力の一端を紹介。
「子育ても、仕事も」を叶えるために

「子育ても、仕事も」を叶えるために

子どもを育てながら仕事も精一杯やりたいという思いがありましたが、以前に住んでいた街では長女が保育園に入れず、それをきっかけに移住を考えるようになりました。ちょうどその頃、都内では保育園の待機児童が社会問題として大きな話題になっていた時期でした。勤務先でも、テレワークや短時間勤務など働き方改革も取り組んでいることもあり、子育ても仕事もしっかり両立できるライフスタイルを実現するためにどうするべきか、いろいろと考えていました。

思わぬ選択肢、流山市へ

思わぬ選択肢、流山市へ

流山市は、もともと知っていた街ではありましたが、当初は移住先の候補に入っていませんでした。ですが、子どもを育てながらの仕事のやり方に悩んでいたタイミングで『母になるなら、流山市』の広告を目にして、興味が湧いて調べてみました。「こんなに便利な街になっていたんだ!」と驚きました。ママたちが街を活性化していく期待感があり、同時に仕事と育児を両立するワークライフバランスをバックアップする、働くママにも優しい街だということが伝わりました。

流山は、“お互いさまの街”

流山は、“お互いさまの街”

実際に住んで感じたのは、子育てに対する周囲の理解があることです。移住前は、ベビーカーを押して電車に乗ったり、外で子どもが泣いたりした時に「ごめんなさい...」と、申し訳ない気持ちでいっぱいになり、どこか窮屈だった気がします。流山に来てからは「子どもがすることは、お互いさま。」「いっしょに頑張ろうね」という空気があるんです。ママ友と子どもの洋服のおさがりを譲り合う、忙しい時に子どもの面倒を見合う、という助け合いも普通です。仕事をしながらだと、育児は一人じゃ出来ない事もあるので、この環境はとても安心できて救われます。

ムリをしない、させない、ママ友の輪

ムリをしない、させない、ママ友の輪

同世代のママたちが多く、心をオープンにして飾らずに付き合えるところもうれしいです。SNSなどでのグループのやり取りでも、忙しければ既読スルーでよくて、みんなも「今忙しいんだろうな」と察してくれたり、ちょっとしたお礼もスタンプ一個で返信できたり、ママ友コミュニティがストレスフリーなところもいいですね。また、私が育休から復帰するにあたっては、先輩ワーキングママさん達から沢山の情報やアドバイスを貰ったり、育休復帰の悩みも思いのままに話して相談できたりと、本当に心強かったです。もしどこかの街にひとりで悩んでいるママがいるなら、「ぜひおいでよ」と伝えたい思いです。 

母の常識が、変わるかも

杉並区から越してきた渡部さんの場合
長女(3) 長男(0)
将来性を見すえた転居

将来性を見すえた転居

以前は、夫婦共に都内で仕事をしていて多忙で、新宿から10分ほどのアクセス重視のマンションに住んでいましたが、長女を妊娠して転居を考えました。もともと流山市には何度か訪れていたのですが、整備されたキレイな街だと思ったこと、まだまだ発展しそうな雰囲気を感じたことを覚えていたのがきっかけです。

流山市のうれしい当たり前

流山市のうれしい当たり前

実は、流山市の子育て環境については、他の街での育児経験がないので最初はわかりませんでした。でも今は、子連れで都内などに出かける度に実感します。ベビーカーで寝ている子どもを起こさずに楽に通れる整備された広い道、ベビーカーで入店できる広い店とあたたかく対応してくれる店員さん。ベビーカーを押してエレベーターに乗れば、小さなお子さんや中高生、ご年配の方々までが「開けるボタン」を押していてくれること。そして最近、長女がその真似をしていたことまで含めて、決してどこでもあることではなかったんだと嬉しく思っています。

女性が、自由で元気な街

女性が、自由で元気な街

出産前は「ママ友」という言葉に拒否反応がありました。グループとかしがらみとか、少し面倒くさそうだなぁと(笑)。でも実際に流山でできたママ友は、〇〇ちゃんママではなく、学生時代の友達みたいに名前で呼び合っています。私は育休中に流山市の「女性向け創業スクール」に通っていたのですが、そこで出会った友人たちは、自分のやりたいことを自由に描いている方や、既に何か始めている方など、多様な考えを自然に受け入れて、前向きに生きている女性が多いように感じます。

10人いれば10のママ像

10人いれば10のママ像

私は今、流山市を中心に家族向けの書き込み式フリーペーパー「ママの大事なノート」を毎月3000部発行しています。そのコンセプトの一つは「力まずにほどよくやり、ほどよく満足する。肩の力を抜いて格好つけずに生きていく。」なのですが、流山市のママたちにも共通しています。誰かが疲れたと言えば、「私も疲れた!限界!」と笑って同調して昼間から一緒に一杯飲んじゃうような(笑)。私自身、ママとして女性としてこうあるべき、という「べき論」にとらわれない、大らかな「ママ」でありたいです。あと、家事に育児に積極的なパパも多いです。抱っこひも姿で公園を走り回る旦那さんもよく見かけます。そんなパパ同士のコミュニティもでき始めていますよ。