当サイトはプロモーションを含みます

五月人形ケース入りのデメリットは?アクリルとガラスどっちがいい?

五月人形ケース入りのデメリットは?アクリルとガラスどっちがいい?

五月人形はケース入りにしようかな?と考えているけれど、場所を取りそうだしあまりいいイメージがない…

アクリルとガラスがあってどっちが良いのかもわからない。

なんてお悩みではないですか?

こんなはずじゃなかった…」とならないように、デメリットをチェックしておくと安心ですよね!

結論からお伝えすると、ケース入りの五月人形のデメリットは以下の6つです。

五月人形ケース入りのデメリット6つ
  • 置き場や収納に場所を取る
  • サイズが大きいと重い
  • ケースがある分値段が高め
  • ケースのほこりや手垢が目立つ
  • 固定されているので飾り方のアレンジがしにくい
  • 写真を撮るときにうまく撮れない

デメリットがかなり目立ちますよね…。

ただ、このデメリットを補うコンパクトタイプのケース入り五月人形が、今はとても人気があるんですよ!

アクリルケースとガラスケースの違いや、コンパクトなケース入りの五月人形もご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

▼マンションの方にもおすすめのコンパクトタイプ

目次

五月人形ケース入りのメリット・デメリット

ケース入りの五月人形のメリット・デメリットについてお伝えしていきますね。

五月人形ケース入りのデメリット

五月人形ケース入りのデメリット6つ
  • 置き場や収納に場所を取る
  • サイズが大きいと重い
  • ケースがある分値段が高め
  • ケースのほこりや手垢が目立つ
  • 固定されているので飾り方のアレンジがしにくい
  • 写真を撮るときにうまく撮れない

一番のデメリットは、サイズが大きいほど置き場や収納場所に悩むということです。

重たくて出し入れが大変だし、気軽に移動させられないなんてこともあります。

またケース分の値段もプラスされるので、金額が高くなりがちです。

兜やお人形はきれいに保たれますが、ケースに付くほこりや手垢が気になるということもあるようです。

ケース入りの兜やお人形の多くは土台に固定されているので、お子さんと一緒に飾ったり触れさせたりしたい方には不向きかもしれません。

子供がだんだん成長し、メインの兜だけを置くなど飾り方をアレンジしたくなった場合は固定されている場合は難しくなります。

五月人形ケース入りのメリット

五月人形ケース入りのメリット
  • 簡単に飾って片付けられる
  • 兜やお人形を汚れや傷から守る
  • 子供やペットのいたずら防止

五月人形ケース入りのメリットは、出したらすぐ飾れて片付けも簡単なところが最大の魅力です。

毎年のことなので、ママさんやパパさんが楽しくストレスフリーで飾れることも大事ですね。

兜やお人形を長期間きれいに保てるところも嬉しいポイントですよね。

小さなお子さんやペットがいるご家庭はいたずらや誤飲、ケガなどの心配も防げるので安心ですよ。

ケース入り五月人形 アクリルとガラスどっちがいい?

アクリルとガラスの特徴についてお伝えしますね。

どちらも違うメリットがあるので、見た目の好みやご家庭の雰囲気に合わせて選ぶといいですね!

ケース入り五月人形 アクリルの特徴は?

アクリルはアクリル樹脂というプラスチックの仲間です。

透明度の高さや割れても飛び散らないところが魅力です。

我が家の五月人形はリビングに置いているのですが、やんちゃな2人の息子が遊んでいるうちに五月人形に勢いよくぶつかることがありました。

「もしガラスのケースだったら…」と本当にヒヤッとしたので、小さなお子さんがいるご家庭にはアクリルケースをおすすめします。

アクリルケースは紫外線に弱いので、直射日光が当たらない場所を選ぶとケースも長持ちして使えますよ。

ガラスケースに比べると傷が付きやすいので、ケースのお手入れにはやわらかい素材を選びましょう。

ケース入り五月人形 ガラスの特徴

ガラスケースに入っていると兜やお人形の良さが更に引き立ち、存在感を強く感じられますよね。

重さがあるガラスケースは、子供の力では持ち上げにくいのでいたずら防止になります。

また、触っても傷がつきにくいというメリットがあります。

ただ衝撃に弱く、割れると破片が飛び散りケガに繋がりやすくなります。

ガラスケースを検討しているご家庭は、子供が遊ぶ部屋には置かない、高さのある台に置くときは滑り止めシートを敷くなど安全面で工夫してみると安心ですね。

コンパクトなケース入り五月人形を紹介

コンパクトなケース入り五月人形を3つご紹介しますね。

人気なものはすぐに売り切れになるので、早めにチェックしてみてくださいね。

無垢材の五月人形 アクリルケース入り


伝統工芸の技が光る、お部屋に馴染む五月人形です。

木の温かみを感じながら、お子さんと一緒に飾ることができます。

名前札が欲しい方は商品レビューを書くといいですよ♪

カジュアルな五月人形 アクリルケース入り 


木製の柔らかなケースが、華やかで勇ましい兜を優しい雰囲気にしてくれています。

8種類の中から選べるので、きっとお気に入りが見つけられそうですね。

>>こちらの商品の種類を全て見る【楽天市場】

端午木目込み 五月人形 ガラスケース入り


明るい色味と丸いフォルムが可愛らしい五月人形です。

兜にはないやわらかい雰囲気が人気ですよ。

>>五月人形ケース入りガラスタイプをもっと見てみる【楽天市場】

>>五月人形ケース入りアクリルタイプをもっと見てみる【楽天市場】

五月人形ケース入りのデメリットは?アクリルとガラスどっちがいい?まとめ

五月人形ケース入りのデメリットは?アクリルとガラスどっちがいい?についてお伝えしてきました。

ケース入りの五月人形のデメリットは以下の6つです。

五月人形ケース入りのデメリット6つ
  • 置き場や収納に場所を取る
  • サイズが大きいと重い
  • ケースがある分値段が高め
  • ケースのほこりや手垢が目立つ
  • 固定されているので飾り方のアレンジがしにくい
  • 写真を撮るときにうまく撮れない

デメリットを補うコンパクトタイプのケース入り五月人形もとてもかわいく人気がありますよ!

小さなお子さんやペットがいるご家庭は、割れても破片が飛び散らないアクリルケースが安心ですよ。

お子さんの大切な五月人形選びにぜひお役立てくださいね!

【関連記事】

五月人形飾る場所がない!玄関に置くのはNG?注意点を解説

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次