当サイトはプロモーションを含みます

レンジで焼ケールとレンジメートプロの違いを比較!おすすめはどっち?

レンジで焼ケールとレンジメートプロの違いを比較おすすめはどっち?

電子レンジ調理器として人気がある「レンジで焼ケール」と「レンジメートプロ」。

価格に違いがあるけど、どちらが良いの?

それぞれの違いをわかりやすく知りたい!

こんな疑問にこたえる記事です。

レンジで焼ケールとレンジメートプロの違いを比較したところ、以下の5つでした。

レンジで焼ケールとレンジメートプロの違い5つ
  1. 調理方法の数
  2. 樹脂部分の耐熱温度と耐冷温度
  3. サイズと本体重量
  4. 底面加熱部分のコーティング材
  5. お手入れ方法

大きく違うのは「底面加熱部分のコーティング材」「お手入れ方法」の2点です★

共通の性能や、気になる特徴もお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてくださいね!

▼価格を抑えたい方はレンジで焼ケールがおすすめ

▼高温調理を楽しみたい人はレンジメートプロがおすすめ

TBSショッピング 楽天市場店
¥9,900 (2024/04/03 09:19時点 | 楽天市場調べ)
目次

レンジで焼ケールとレンジメートプロの違いを比較

レンジで焼ケールとレンジメートプロの違いは以下の5つです。

レンジで焼ケールとレンジメートプロの違い
  1. 調理方法の数
  2. 樹脂部分の耐熱温度と耐冷温度
  3. サイズと本体重量
  4. 底面加熱部分のコーティング材
  5. お手入れ方法

それぞれの違いを詳しくご紹介しますね。

調理方法の数


画像:レンジメートプロ【楽天市場】

レンジで焼ケールは焼く・蒸す・煮る・茹でる・炒める・炊くなど6つの調理できます。

レンジメートプロは焼く・蒸す・煮る・茹でる・炒める・温め直し・アレンジなど8つの調理ができます。

そして多彩な調理レシピノートも附属されているので、1台あるとお料理のレパートリーが増えそうですね。

また、レンジで焼ケールも調理済みの食品を温め直すことができます。

樹脂部の耐熱温度と耐冷温度


画像:レンジで焼けーる【楽天市場】

レンジで焼ケールの樹脂部分の耐熱温度は250℃、耐冷温度はー50℃です。

レンジメートプロの樹脂部分の耐熱温度は190℃耐冷温度はー20℃です。

どちらも高温に対応できる調理器具なので、食材の美味しさを最大に引き出す事ができます。

さらにレンジメートプロは、加熱プレートが340℃まで発熱するため食材を素早く調理することができます。

サイズと本体重量

レンジで焼ケールの外径のサイズは横幅28×縦23×深さ9cmで、本体重量は約570gです。

レンジメートプロの外径のサイズは横幅25.8×縦22.5×深さ6.6cmで、本体重量は約809gです。

サイズは若干レンジメートプロの方が小さく、本体重量はレンジで焼ケール方が軽量です。

底面加熱部分のコーティング材

レンジで焼ケールの底面部分は特殊シリコーンゴムがコーティングされていいます。

レンジメートプロの底面部分はセラミックコーティングされています。

どちらも電子レンジのマイクロ波が当たることでそれぞれのコーティングが反応して、容器内部の全体をまんべんなく加熱します。

お手入れ方法


レンジで焼ケールのお手入れ方法は、丸洗い食器洗い乾燥機での洗浄が可能なので、忙しい朝でも片づけの手間が省けて助かりますね。

レンジメートプロもセラミックコーティングされているためお手入れが簡単で、中性洗剤を付けたスポンジで軽く当て、水かぬるま湯で洗い流すだけです。

レンジで焼ケールとレンジメートプロの違い比較表

スクロールできます
レンジで焼ケールレンジメートプロ
マイクロ波を受け発熱特殊シリコーンゴムが発熱セラミックコーティングが発熱
食材に直接熱が伝わらずパサつきを防ぐ作用マイクロ波を反射するフタの作用セラミックコーティングのフタの作用
耐熱温度・耐冷温度250℃・-50℃190℃・-20℃
サイズ(cm)・重さ横幅28×縦23×深さ9
約570g
横幅25.8×縦22.5×深さ6.6
約809g
レッドレッド・ブラック・イエロ・オレンジ
価格5478円9900円

楽天市場2024年4月1日の価格です。

レンジで焼ケールとレンジメートプロ どっちがおすすめ?

レンジで焼ケールとレンジメートプロの違いを踏まえて、どちらがどんな方におすすめか整理しますね。

レンジで焼ケールがおすすめな人

・軽い電子レンジ調理器を求めている人
・お手入れが簡単なものを求めている人
・価格が安価なものを求めている人

日頃から食洗器を使っている方は、レンジで焼ケールを選ぶと食器類をまとめて片付けが出来るので便利ですね。

また、価格が安価なため、2台購入して4人分の調理を時短で行っている方もいます。

▼レンジで焼ケールの価格を他サイト調べてみたい方はこちら

レンジメートプロがおすすめな人

・電子レンジ調理器でいろいろな料理を作りたい人
・高温調理で食材にしっかり焼き目をつけたい人
・豊富なカラーバリエーションから選びたい人

レンジメートプロは加熱プレートが340℃まで高温になるため、食材をパリッと仕上げたい人や付属のレシピ本からいろいろな料理に挑戦したい方に向いています。

また、公式サイトでは4種類のカラーバリエーションがあるため、ご自宅のキッチンに合わせて好みのタイプを選ぶことができます。

▼レンジメートプロの価格を他サイト調べてみたい方はこちら

TBSショッピング 楽天市場店
¥9,900 (2024/04/02 15:08時点 | 楽天市場調べ)

レンジで焼ケールとレンジメートプロ 共通の機能や特徴

ここからはレンジで焼ケールとレンジメートプロの共通の機能や特徴についてお話ししますね♪

直火のような調理ができる

一般的な電子レンジ調理の場合は、マイクロ波が直接食材に摩擦熱を与えることで温めます。

その一般的な電子レンジ調理では、水分を奪うため食材はパサついてしまいますが、レンジで焼ケールとレンジメートプロは、マイクロ波を反射するフタをして調理をするため、本体内部をまんべんなく加熱します。

そのため、食材のパサつきを防ぎながら表面はパリッと中はふっくらと仕上げることができます。

内側表面のフッ素コーティング

どちらも本体内側にはフッ素コーティンが施されているため、こびりつきや焦げ付きを防ぎ、調理後のお手入れが簡単にできるようになっています。

時短調理ができる

底面加熱プレートが高温になり内部全体を温めるため、電子レンジ600wで、焼きサバは約4分、ベーコンエッグは約4分10秒、市販の冷凍餃子は約5分で調理ができます。

レンジで焼ケールとレンジメートプロ 違いの比較まとめ

以上、レンジで焼ケールとレンジメートプロの違いを5つお伝えしました^^

違いはこの5つでしたね。

レンジで焼ケールとレンジメートプロの違い
  1. 調理方法の数
  2. 樹脂部分の耐熱温度と耐冷温度
  3. サイズと本体重量
  4. 底面加熱部分のコーティング材
  5. お手入れ方法

大きく違うのは「底面加熱部分のコーティング材」「お手入れ方法」の2点です★

グリルを使って魚を焼くと思うと、火加減の調節や後片付けの事を考えて断念することが多いのですが、ふたつの調理器具は食材を容器に入れてレンジにかけるだけで、簡単に直火で焼いたような調理ができます。

料理初心者の方も、忙しくて時短調理がしたい方も、ふたつの調理器具はどちらも強い味方になってくれますよ♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼価格を抑えたい方はレンジで焼ケールがおすすめ

▼高温調理を楽しみたい人はレンジメートプロがおすすめ

TBSショッピング 楽天市場店
¥9,900 (2024/04/03 09:19時点 | 楽天市場調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次